モントレーの自然を歩く
磯だまり、 鳥類、 海獣ウォッチング

美しい自然の保存と、野生動物の保護に尽力しているこの地域の主な見所を紹介します。

渡り蝶
ライトハウスと17マイルドライブ付近のパシフィック・グローブには、毎年10月から3月にかけてオレゴンやワシントン州、そしてカナダから何千匹もの蝶(Mornarch)が渡ってきます。捕獲はもちろん、危害を加えることは重罪になります。

磯だまり
干潮の時にカニ、ヤドカリ、ヒトデ、ウニなどが観察できます。
パシフィックグローブの灯台(Light House)の北側、ゴルフ場に沿った一帯
Point Lobos(カーメルの南)

ロマンチックな夕日

Carmel Beach
Del Monte Beach(Monterey)
Del Monte Forest(Pebble Beach)

砂浜の海岸
Carmel Beach(歩くと砂が鳴る)
Carmel River State Beach
Asilomar State Beach(Pacific Grove)

バードウォッチング
Elkhorn Slough(Moss Landing)
Salinas River National Wildlife Refuge(一号線からMarinaのDelMonte Av Exitを海岸へ)
Carmel River State Beach, The Carmel River Lagoon
あひる、ペリカン、サンドパイパーやサギ類
(日没になると、がちょうの群が大きな声で鳴きながら帰ってきます)
Jacks Peak Regional Park(飛行場の近く)イーグル、ファルコン、フクロウなど

ラッコとアザラシ
モントレーは世界でも数少ないラッコ(Otter)の生息地です。一時は絶滅の危機にありましたが、現在は2000頭規模まで回復しています。

水族館で間近に見ることができますが、自然の中でもかなり高い確率で出会うことができます。一番確率の高いのが、フィッシャーマンズウォーフ周辺とコーストガード ピアー周辺。フィッシャーマンズウォーフ#2は一番東側のウォーフでコマーシャルウォーフとも呼ばれています。先端には魚の加工工場があり、途中にはパーキングメーターがあって、ウォーフ上に駐車することができます。
ここから港の中を観察しながら、ウォーフ#1(Old fisherman's Wharf)まで歩き、ウォーフを隈なく探します(もちろん海上を)。
ここからコーストガードまでの岩の上には、写真のようにアザラシがくつろいでいます。運が良ければラッコも見ることができますが、陸上にいることはまずありません。コーストガードピアーの先端まで歩き、ピアーの左右を見てください。
ここまでで見つかる確率は50%程度、見つからなくてもアザラシやアシカが歓迎してくれますから、それだけの価値はあります。
キャナリー・ローの海に面したレストランで食事をしていると窓越しに見えることもよくあります。


Lovers Point周辺はダイバーに人気の地域で、ダイバーの近くに顔を出すことがよくあります。Lovers Pointの西側には小型のアザラシ、ハーバーシールの常連がいます。
更に、 Lovers PointからAsilomar State Beach、
Pebble BeachのCypress Point Golf Course付近(17マイルドライブ) 、
カーメルビーチの南側からカーメルリバーの河口、そしてポイントロボス。
ポイントロボスの南側は道路から海岸までの距離が遠くなり、見つかっても観察は困難になります。

ラッコのページはこちらです。


半島地図