町の位置関係
- Starting the first day -
道路の右側を運転するだけでも神経を使いますが、日本とは基本的な交通ルールの違いがいくつかあります。例えば、"No Right Turn on Red" などのサインがない限り、信号が赤でも一時停止後、右折することができます。

4方向全てにStopサインのある"4way stop"交差点では先入優先、同時の場合は右側優先ですが、譲り合いの精神も大切です。年輩のドライバーも多く、歩行者優先ですから、ルールを守り良いマナーを心がけてください。

モントレー半島は小さな半島ですから、基本的な地図 (地図アイコンをクリック)を頭の中に入れておけば迷うことはありません。飛行場を出るとすぐに信号があり、これが68号線で、左に行くとサリーナス(Salinas)右に行くとモントレーです。
68号線を右折して数キロ行くと2車線のハイウエーになり、モントレーへは左車線を選びカリフォルニアの一号線(South)と合流します。

モントレーのダウンタウン、キャナリーロー方面は最初の出口(Monterey Exit)、 ペブルビーチへはモントレーの出口から4〜 5キロ走った坂の頂上付近に出口があります。この出口から最初の信号を右折すると再び68号線になり、すぐにモントレーのコミュニティーホスピタルがあります。さらに小高い山を越えるドライブを楽しみながらパシフィック・グローブの町に行くことができます。

カーメルへは一号線を更に南下します。ハイウエーが終わり一般道になった後、2番目の信号を右折(Ocean Avenue)するとカーメルの中心街につながり、そのまま砂浜の美しい海岸(Carmel Beach)まで行きます。一号線を更に南下すると、ビッグサーなど世界で最も美しいとされる海岸線を楽しめます。

地図でご覧頂けるように、半島の根本の部分を一号線が走り、半島のほぼ中央を68号線が南北に走っています。この68号線の左(西)側がペブルビーチで、有名なゴルフ場が点在します。
半島の北側の付け根、モントレー湾の一番深く入った一帯がモントレー市のダウンタウンで、映画館、銀行、レストランなどが集まり、Fisherman's wharfへの観光客で賑わう地域です。モントレーの北側が最後のHome Townと呼ばれるパシフィック・グローブです。
見所の多いモントレー半島ですから、気ままに移動するには車が一番ですが、バスやタクシーを使ったり、ツアー会社を利用することもできます。日本語でサービスが受けられるツアー会社もありますし、観光ガイドに関した概略はこちらのページです。