ラッコの食事

ラッコは一生のほとんどを水温15度以下の冷たい海の中で過ごします。アザラシの仲間のような分厚い皮下脂肪は持っていませんが、その代わりに上質の毛皮を持っています。ラッコの毛皮の密度は1平方cmあたり16万本(平均的な人間の頭髪は全体で10万本)といわれています。この毛皮が冷たい海で暮すための助けになっているのです。
ただ、その上質な毛皮だけでは体温を維持するのに十分ではありません。そのためラッコは高カロリーの食料を毎日大量に食べ続ける必要があります。大人のラッコは体重の15%、若いラッコではなんと体重の35%もの食料を毎日食べるようです。(ラッコの体重は20kgから40kgなので、平均で1日5kgくらい食べる計算になります。)

ラッコの食料はカニの仲間のロッククラブやケルプクラブ、アワビ、ホタテ貝、ムール貝などの貝類、ヒトデ、ナマコ、ウニ、イカ、タコなどで、動きが速くて捕らえる事が難しい魚類を除くと、海にいるものはほとんど何でも食べます。

ラッコの行動でよく知られているのは、お腹の上に置いた石に貝を叩き付けて割って食べる行動です。私も海の近くを歩いていて、カーン、カーンという音でラッコがいることに気づくことあります。ラッコが使うのは 石だけではありません。水中に二枚貝の仲間がたくさん住んでいる砂地のある場所で、ラッコのおもしろい行動を見かけた事があります。最初は、ラッコがお腹の上に石を置いて二枚貝を割っているように見えました。でも良く見ると、お腹の上に置いているのも二枚貝だったんです。このラッコはいつも二枚貝を2個採ってきて、その貝同士をぶつけて割って両方一緒に食べていたのです。賢い!

またラッコは、水中で石を使ってアワビを採ることもあるようです。ダイビング中に、岩の間からゴンゴン音がして砂けむりがあがっているので近づいてみたらラッコが何かを叩いているんです。そのときには、砂けむりがすごくて何をやっているのかわからなかったのですが、後でラッコがいたところを見てみたら、アワビの貝殻のカケラがいくつも岩の下に落ちていました。たぶんラッコは、岩にへばり付いているアワビを石で叩き割って採っていたのです。

その他よく見るラッコの行動で、水面や水中でケルプを抱えて手探りをする行動があります。手探りでケルプに住んでいるカニの仲間を探しているのです。
こんな行動を見ていると、ラッコの食べ物を確保するための知恵に感心してしまいます。


ラッコの食事風景を中心にしたスライドショーはここをクリック

Giant Kelp ホーム | 7beaches.com